独学で腕時計の修理を覚えるには?この本が最適!この本で学びました

スポンサーリンク

1級時計修理技能士がすすめる

時計の修理を独学で覚えるには雑誌では無理です。
私は仕事の際にそばに置いて教科書として読んで勉強しました。

時計の本は少し高価ですが、長く使えるので我慢してください。
途中から読まずに最初から順番に読んでいただければ
理解しやすいです。

基礎から覚えなければだめです

はじめは使わなくなった自分の時計で練習しましょう。
クオーツ時計でもかまいません。
電池交換から始めるのが良いと思います。

それにはまず工具を揃えましょう。
1度買って大切にすればかなり長いこと
使えます。

高くなくても良いです。
今はセットになって販売しているので
簡単に揃えられます。

工具を使いこなそう

上の工具があればほとんどの電池交換ができます。
しかし、慣れるまでは自分の時計だけにしておきましょう。

何度も同じことを繰り返して体で覚えるつもりで
がんばってみてください。

電池には番号が刻印してあるので、同じものを
家電量販店で購入してください。

機械式(メカ)時計は慣れてきてから

2級時計修理技能士の試験はクオーツ時計でしますので
とにかくはじめのうちは電池交換をしましょう。

同じ時計で、何度も交換していると少しずつ早く
できるようになってきます。

まとめ

はじめは誰でも緊張します。
慎重にケースに傷を付けないように
気をつけてください。

慣れてくればだんだんできるように
なってきます。

職人仕事なので数をこなさないと
なかなか上達しませんので
まずは一生懸命電池交換をしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました