STYPENの歴史?1970年代の学生用万年筆!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

STYPENは2003年まで

STYPENは2004年に同じフランスの企業であるBiCによって買収されてしまいました。

そのため学生用の万年筆の市場はBiCによる方針でSTYPENの名前は残りましたがロゴも変更になってしまいました。後にSTYPENの名称も無くなってしまったようです。

私が蒐集して調べているのは、1970年頃からしばらくの間販売されていたSTYPENで、とにかく資料が少ないのでなかなかわかりませんでした。

当時の定価がいくらで、何色あって、バージョンが年代によって違いがあるのかどうか等わからないことばかりでした。

最近、大量に入手することができる機会にめぐりあいました。やっと色の数がわかりました。

倉庫に入っていたものですが、残念なことに外箱が壊れていました。しかし、その箱にカラーの種類が印刷されていました。

箱に印刷されている通り5色でした。

全部で5色でした。箱に印刷されているものが5色で全色揃っていてラッキーでした。

このペンは学生用の万年筆(イリジウムが付いていないので万年筆といえるかどうか?)として一番日本国内で出回ったものだと思いますが、安価なために具合が悪くなってしまった場合、捨てられてしまったことがほとんどだと思いますので現存するものは非常に少ないと思われます。

一応形としてはペン先の部分を左右とも縦に曲げてイリジウムの形になっています。(写真がボケていてすみません)

そのうえインクがカートリッジ式なのでカートリッジが無くなって入手困難なために、廃棄されてしまったことも考えられます。カートリッジは予備として下の方に1本入るように設計されています。

撮り忘れてしまいましたが、キャップの上面部分にMADE IN FRANCE と表示してあります。ペン先のロゴもSTYPEN社のオリジナルのものです。

まとめ

買収によって一つの独立した会社が無くなってしまったので、万年筆とは言えないかもしれない商品かもしれませんが、ある時期このような商品があったということもコレクターであれば知っておきたいところです。もちろんすでに皆様ご存知でしょうが。

写真や後にわかったことなど、気長に更新させていただきます。

ご覧いただきましてありがとうございました。

もし、間違いがございましたらお知らせ頂ければ幸いです。すぐに修正いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました