軽自動車税が無料?身体障害者手帳で区役所に申請

スポンサーリンク
スポンサーリンク

軽自動車の免除がある

身体障害者手帳を持って区役所に申請すると軽自動車税が免除されます。通常の場合は1~4級・5級ですが、しかし「下肢機能障害」の手帳であれば6級でも免除されます。(所得の少ない私は免除ですが高所得者の場合は減免かもしれません)

他の障害の場合には、1~4級の場合がほとんどです。他にも自動車税や自動車取得税の減免等ありますが複雑なので詳しいことは「障害者福祉のしおり」に書いてありますのでそちらをご覧いただくか係の方へにお問い合わせください。

先ず区役所の受付へ

手帳を持っている人は区役所から支払いの封書が届きましたら、それを持って区役所に行ってください。そして、受付の窓口で「軽自動車税の免除の件で伺ったのですが?」とたずねるとすぐに場所を教えてくれますので、その窓口に行って「免除のことで」と言えばすぐに対応をしてもらえます。

持参するものは、自動車税納付の封書・身体障害者手帳・印鑑(みとめ印)です。自治体によっては他のものが必要なこともあるのであらかじめ区役所に問い合わせておいたほうが良いと思います。

発行日に気を付けて

気を付けなければいけないことは、手帳の発行日が前年以前のものでなければなりません。私も最初に行った時、手帳の発行日がその年の4月だったので今年の発行のものは受け付けられないので、来年からになりますと言われてしまいました。

※このことは、障害者福祉のしおりには書いてありませんでした。

障害者福祉のしおりを熟読しましょう

翌年からは問題なく免除してもらっています。障害者手帳をもらった時に冊子(障害者福祉のしおり)をくれるのですがよく見ないと見落としてしまうので知らない方も多いと思いまして記事にしました。

受付が終われば、あとは1カ月くらいすると免除の通知が送られてきます。

6級でも免除されるのは残念ながら「下肢障害」だけなので他の障害で手帳を持っている方は免除されないのでお気の毒です。

私はバイクなので少額ですが軽自動車の方でしたらかなりの金額ですので忘れないように必ず申請してください。

よく6級では何の援助も無いと思っている方も多いですが、4級~6級はほぼ同じです。(私も6級から4級になりましたがあまり変わりがありません)

まとめ

身体障害者手帳6級でも「下肢障害」の場合には軽自動車税の免除や自動車税・自動車取得税の減免があります

都営交通無料乗車券だけでも使い方によっては年間数万円の価値がありますし、各種博物館や庭園等入場料が無料になりますのでそれだけでもかなりのことだと思います。

6級では何もないと諦めずに探せば必ず何かありますので探して手帳を有効に活用してください

コメント

タイトルとURLをコピーしました