身体障害者手帳の使い方!遊び方!はどうするの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

身近な買い物に

身近な事では、都営地下鉄の駅の近くなので、1~2駅くらいの所の買い物にも困ることなく無料で行くことができるので大変助かっています

近所では買えない物も地下鉄一本で行けるので身体障害者手帳のありがたみがよくわかります。

近くに都営地下鉄が無い人は、都バスがあれば都バス、なければ別のバス会社に手帳を見せれば半額で乗れます。

バスは時間がかかりますが、鉄道が通っていない所を通るので、場所によってはそれほど到着時間が違わないこともあります。

手帳によって違う

私は精神障害者健康福祉手帳と身体障害者手帳をそれぞれ持っていますので困ることはありませんが、高速バスとJRの100㎞以上の半額割引は精神障害者福祉手帳では適用されません

通常のバスでしたらどちらの手帳でも半額ですが、残念なことに上記の2つは駄目だそうです。

タクシーはどちらの手帳でも1割引きなのですが……

それと、博物館等もどちらの手帳でも無料で入れるのですが2つについては不公平感があります。

私の場合は、両方の障害を持っているのでなかなか楽しんでという訳にはいきません。

映画は最高です

さて、私の楽しみ方としては、近くの映画館まで都営地下鉄で行って、1,000円で映画を観てまた地下鉄で帰ってくるということです。

まあ普段からあまり気分がすぐれないので、年に1~2回ですが楽しませてもらっています。

先日は有楽町まで行って観てきました。もちろん1,000円だけでした。スマホの乗り換え案内はとても便利です。出発駅と到着駅を入力すると、安・近・短で候補が出ますのでその中で都営のものだけがあれば無料ですが、東京メトロやJR線の場合は一番短い所を選べば良いので重宝しています。

都内は地下鉄が多いので無料で行ける所もかなりあります。もし、都営以外の所でも初乗り運賃程度で行けるのです。

先週は池袋から赤羽までまで行くのに、西武線を使って自宅に帰るのに178円のところを赤羽まで110円赤羽から自宅まで110円と計220円(片道運賃)で帰れました。

もちろん赤羽まで1時間、赤羽から自宅まで30分かかりましたが、メンタルクリニックに行った帰りだったので時間は気になりませんでした。

行った先は百均の大型店でした(笑)。体が悪くてほとんど収入の無い私には、手帳があって本当に良かったです。

旅行に行く元気があれば高速バスで遊びに行けるのですが、せいぜいこれくらいがやっとです。体だけが悪ければ頭はしっかりとしていますが、私のようにうつ病がひどいとよほどのことがなければ出かける気分になれないので両方はやはり辛いです。

手帳のありがたみ

でも手帳があることで少しでも楽しい気分になれることは非常に良いことです。やはり、障害者手帳は障害を持っている人の心のささえになっているのです。

他人から見ればたかが手帳かもしれませんが、私たち障害者にとっては必要なものです。私自身このような角度で考えた事は初めてでした。

誰かの人のためにと思って書いたのが自分のためになっているとは思ってもいませんでした。

まとめ

手帳を使って遊ぶことは楽しいですよ!外に出ることが大変でなければ是非有効に使って楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました