浴槽のホーローの垢取りを自分でやってみたら新品同様に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

浴槽のホーローの垢取り

浴槽の前面の水垢がひどい(30年くらいたっている)のでヘルパーさん(このときは別のヘルパーさん)にお願いしたのですが、あっという間にできましたと言われて、見るとただ少しこすっただけでまったく汚れが取れていませんでした

あまりのひどさにあきれてしまって、自分で掃除をすることにしました。

私はなにも1時間できれいにして欲しいと無理を言った訳ではないのに、完全に手抜きです。それが営業所長さんですから・・・

やはり精神障害の自立支援の障害福祉サービスだからでしょうか?無料(役所からお金は支払われているはずです)なので扱いが悪いのでしょうか?

今来てくださっている方は年配の女性でやはり簡単なことしかお願いできません。

役所に電話をして聞いてみると普通の掃除はするが、ひどい汚れは取ってはくれないとのことでした

自分ですることに決めました

私は手足が不自由なのでやってもらいたいことは山ほどあるのですが、やってもらいたいことはヘルパーさんに頼めないことばかりです。

一人暮らしなのでせいぜい話し相手になってもらうくらいです。

話を戻して、浴槽のホーローの水垢取りですが、長年の汚れのため通常の洗剤では歯が立ちません。いろいろ考えたすえに「カッターナイフの刃」を当ててこそぎ取ることにしました。

※前面以外はステンレスの浴槽です。

やりかたについて

先ず、ホーローの面を4つに分けて4日間で掃除をする計画です。

カッターの刃を20°くらいの角度をつけて上下・左右・斜めから削ぐことから始めました。ホーローを傷めないように軽く刃を当ててこするようにやりました。面白いように水垢が白く削れてどんどん汚れが取れました。

しかし、しばらくすると刃が切れなくなったので新しい刃に替えて再び削りました。

1時間ほどするとホーローの面が出てきたので今度は洗剤でていねいに洗ってやっと4分の1ができました。すでに両手が痛くて無理をして1度にやると大変なので4日間かけてすべてきれいにしました。

合わせて5時間くらいかかりましたが、新品のようになって気持ちよく入浴できるようになりました。

ホーローには傷ひとつつかずにきれいにできたので良かったですが、4日ほど寝込んでしまいました。やはり無理をしたのでそれがいけなかったのでしょう。

普段でも寝たり起きたりの生活なので仕方ありませんね。

ヘルパーさんに頼めないことが多くて困ります。草取り、窓ふき、網戸の掃除等どうしてだめなのか訳がわかりません。

洗濯は洗濯機で簡単にできますし、部屋の掃除や台所の洗い物も自分でできます。性格的に神経質なので、ヘルパーさんに洗ってもらってもきれいになっていないので、ヘルパーさんが帰ってから自分で洗い直しています。

もちろん体の具合が悪いので、休みやすみですが。何のためのヘルパーさんなのでしょうか?

まあ、一人暮らしなので週1回話し相手をしてくれるだけでも良いことは良いのですが。

まとめ

今回は、浴槽の水垢取りを行う過程で、ホームヘルパーさんができることと、できないことがはっきりとしたことは収穫でした

いくら体の具合が悪くても、自分でやらなければならないことが多くて無理をしてでもやらざるを得ないということです。

トイレ掃除はまだ頼んだことはありませんが、手洗いのところの水垢は自分で取るしかないので掃除をしてもらうところがありません

普通に洗濯をしてもらって、干してもらい乾いた洗濯物をたたんでもらう。お風呂掃除は湯船の残り湯を抜いてもらって浴槽内の簡単な汚れを取ってもらう。この程度のことは問題なくやってもらえます。

皆さんもヘルパーさんにはあまり期待をされないほうがよいかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました